MENU
メンテナンスメニュー

オイル交換

エンジンが人間の心臓だとすると、エンジンオイルは血液に当たります。

愛車の定期メンテナンスのNO1は、やはりオイル交換です。
オイル交換をしないと燃費が悪くなったり、異音やエンジン音が大きくなることがあります。
最悪の場合、エンジンが焼きついてエンジン交換が必要になり、無駄な経費を使うことになります。

エンジンが人間の心臓だとすると,エンジンオイルは血液に当たります。
エンジンをスムーズに動かす為に必要な潤滑油になります。
フレッシュなエンジンオイルを循環させることで、エンジンを保護し、よりスムーズで力強いエンジン性能を発揮する事ができるのです。ちなみに交換の目安は、1年又は5,000kmです。

エンジンオイルのほか、デフオイル、ブレーキオイル等、何でもお気軽にご相談下さい。
持ち込み交換もOKです。

車検

確かな技術をベースに、お客様のご要望に応じて内容を自由に選べる安心、納得の車検です。

安全のための必要な整備はしてほしい。
でも費用は最低限に収めたい。そんなご希望に応えます。
何が必要かを分かりやすく説明しますのでご安心下さい。

ダイヤグノシス(コンピュータ診断)

ディーラー並みのコンピューター診断と修理が可能

電子制御されたエンジンにおいて、各種センサーをコンピュータ診断致します。
当社ではメーカー別(BMW、ベンツ、アウディ、ワーゲン等)のダイアグノシスを完備しているのが強味です。つまりディーラーと同レベルの診断ができるのです。

通常の修理工場ではコンピュータ診断機があっても
汎用機が多いので、深層部分まではわからずに修理できないことが少なくありません。

当然のことですが、カー用品・量販店では輸入車修理は無理です。

故障箇所を的確にコンピュータ診断で見つけ出すので
無駄な費用を抑えることができるのが大きなメリットです。

エンジンオーバーホール

難しい輸入車もお任せください。
機械らしいエンジンの魅力を蘇らせることができます。

エンジンを解体して新たな部品に交換したり、清掃を行って再び組み立てることをエンジンオーバーホールと言います。

エンジンのオーバーホールまでできるお店はかなり限られます。ディーラーメカニック、レースシーンの中でメカニック、そしてプロドライバーとして経験がなせる技です。

当社では空冷のポルシェエンジンでもおまかせ。機械らしいエンジンの魅力を蘇らせることができます。その他、旧車から外国車のエンジンもおまかせ下さい。

板金・塗装

スピーディーな対応と長年培った技術力。
輸入車もお任せください。

軽度なものであれば板金塗装も自社内で行います。
大きなものは提携工場でフレーム修正まで行うことが可能です。

その他、エアコン修理・オーディオー取り付け・ガラスリペア等も承ります。

輸入車・旧車

当社では誠実で、確実な整備を安心な価格で提供致します。

外車だから維持費が高い。勿論、海外から運んでくるには費用がかかりますので、ある程度はしかたがないかもしれません。
でも、同じような部品がありえないような値段という話も伺います。

当社では誠実で、確実な整備を安心な価格で提供致します。
持込での部品交換も承ります。お気軽にご相談下さい。

旧車の場合、無い部品は作ることだってできます。
大切な愛車をもっと永く、気持ちよく乗り続けるためのお手伝いをいたします。